初心者向けの映像制作方法

最近では映像はTVに限らずネットや広告、電車の中などいろんな所で目にする身近なものになりました。今回は映像を作ってみたいけど難しいのでは?という方に簡単な映像の作り方を紹介します。まず映像制作に必要なのはアイディアです。いきなり映画のようなストーリー性のあるものを作るのは人や費用や時間がかかり大変なので、自分が面白そうだな、作ってみたいなと思うアイディアの中で1番簡単なものを選び、完成させることを目標にするといいです。

次に絶対に必需品となるのがカメラです。プロは何百万円ものカメラを使ってますが、初めて作る場合はデジタルカメラのムービー機能やスマートフォンの動画などを使ってみましょう。その2つが用意できたら実際に撮影してみましょう。撮影はカットせず長回しで撮影した方が難しくないです。

最後は無料のアプリなどを使って編集です。余計なところをカットしたり、画面の色味を変えてみると楽しいと思います。以上が映像制作の主なプロセスです。映像制作で大事なのは知識よりも作っていく上で身につけた表現方法や手法などの経験です。

最初は簡単なものから作って徐々にクオリティーを上げて大作を作っていきましょう。最近ではネットにあげることで映像をいろんな人に見てもらうことも簡単にできるので、自分の作ったものに反応をもらうのもまた楽しいと思います。映像制作を通してたくさんの人たちと関わりながら素敵な作品を作ってみてください。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です