デジタル一眼レフカメラでの映像制作

映像制作をする際の撮影機器は、ビデオカメラだけではありません。もしデジタル一眼レフカメラを持っているのなら、それを使ってキレイで質の高い動画を撮ることができます。一眼レフカメラとビデオカメラの両方の良い機種を揃えようと思うと、お金がたくさんかかってしまいます。また、撮影にはカメラ本体だけではなく、レンズや周辺機器にも気を使わなければなりません。

写真も映像も両方美しく撮りたいと思っている方は、デジタル一眼レフカメラの購入が最も良い選択です。大抵のデジタル一眼レフには動画撮影機能が付いています。映像撮影に特化したビデオカメラよりはやや表現の幅は狭くなりますが、工夫次第で遜色のない作品の出来栄えとなります。逆にデジタル一眼特有のボケがとても美しく撮れる効果もあり、画像も動画も両方キレイに撮るにはデジタル一眼レフだけで十分です。

デジタル一眼での映像制作のコツは、大抵の映像撮影の場合と同じく、望遠や広角などの用途に応じたレンズを揃えて使い分けること、集音効果の良いマイクをカメラに取り付けること、三脚に固定し手ぶれを防止することです。動画撮影時にはオートマティックにピントや明るさを合わせてくれる機能がありますが、自分の表現したいことを100%実現するためにマニュアル設定にします。しぼり優先(S)機能にすればキレイなボケができます。デジタル一眼で映像制作する醍醐味はこのボケ効果です。

デジタル一眼でしか表現できない特徴を活かした作品をぜひ作ってみましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です